人気ブログランキング |

春に旬を迎える野菜はたくさんあります。
旬の野菜は、栄養価が高く野菜本来の味を楽しむことができます。
同じ野菜であっても、旬の時期とそうでない時では味が全く違ってくるのです。
旬の野菜は、私たちにとっても嬉しいことがたくさんあるんですよ。
そこで今回は、春に旬を迎えた新玉ねぎで作るファルシーをジアミストが紹介していきます。


■ファルシーってどんな料理?
ファルシー料理は、地中海料理としても知られています。
使用する野菜はトマトやピーマン、ズッキーニ、かぼちゃなど様々で色鮮やかなものが多いですね。
地中海料理ということで、太陽の光をたっぷり浴びて育った野菜を使い、その中央部分にひき肉などを詰めて、仕上げにソースをかけて食べる料理です。
ファルシーは、野菜の形を活かして作る料理でもあります。
ピーマンやズッキーニは、縦半分に切って真ん中にひき肉を詰めていきます。
ピーマンを使ったファルシーは、日本でもよく食べられているピーマンの肉詰めに似ています。
トマトや玉ねぎ、パプリカなどを使う場合には、上から1/3辺りで切って帽子のようなイメージで仕上げると、見た目もかわいらしくなります。


■作り方は?

今回は、新玉ねぎを使ったイタリアンファルシーです。
材料は、新玉ねぎ、豚ひき肉、パン粉、溶き卵、ナツメグ、カットトマト缶、コンソメ、にんにく、パルメザンチーズ、オリーブオイル、乾燥バジルです。
新玉ねぎは、芽と根の部分を切り落とし、中央部分をくりぬいてください。
中の部分はみじん切りにして、半分をにんにく、豚ひき肉、パン粉、溶き卵、ナツメグ、を入れハンバーグの容量でこねていき、玉ねぎの中央部分に詰めていきましょう。
次に、鍋に人に気トオリーブオイルを入れて炒め、残りの玉ねぎとトマト缶、水、コンソメを入れます。
一煮立ちしたら、ひき肉を詰めた玉ねぎ入れて15~20分ほど煮込みましょう。
ひき肉に火が通ったら仕上げにパルメザンチーズをかけて完成です。

■パーティーにもおすすめ

比較的簡単に作れて、ボリュームもあるのでパーティー料理としても人気です。
色鮮やかな野菜を使うことで、華やかさもプラスできますし、
大根やキャベツなどでも美味しく作ることができます。
一年を通して様々な食材で楽しめますよ。
お子さんと一緒に作ることもできるので、家族で楽しみながら作るのもジアミストはおすすめします。


野菜以外にも、イカを使ったファルシもあります。
お好みの材料で、自分好みのファルシを見つけるのもいいでしょう。



# by whomgasleague1282 | 2019-05-09 15:34 | レシピ